大人ニキビ


これからでも、まだ間に合う小論文添削指導
センター試験C判定から逆転します。



お問い合わせ先:フリーダイヤル 0120−595−537 お気軽にお電話ください。
小論文担当講師
五十嵐 弘

スカイ予備校塾長(群馬県高崎市)
           公立大学工学部卒。
小論文指導実績20年
お申し込み


この小論文添削指導は、一般的な添削指導とは異なります。

提出してくれた答案に対し、担当の五十嵐が
1つ1つチェックポイントを解説して、音声で返却します。
あなただけのオリジナル講義をします。


実際に生徒に送った音声解説をサンプルとして公開します。

こちらをクリックしてください。


特定商取引法

 

私は、受験生の人生を変えてきました


10回書くだけで合格レベルの答案になります。
【先着限定10あと2名のみ】
通信制・全国対応 前期試験まで10日あれば
20回の答案が可能です。十分間に合います。

 

みなさんこんにちは。スカイ予備校の小論文担当の五十嵐です。

私の小論文添削で【人生を変えた】女子高生の話をします。
彼女は、センターC判定以下からの逆転でした。


かつて私が担当した生徒Aさんは、どこにでもいる普通の女子高生でした。
Aさんはセンター試験までまったく小論文の勉強をしたことがなく、模擬試験で1回だけ受験しただけだったそうです。


第一希望は、茨城県立医療大学でした。しかし、最近は医療系の人気が高く、看護学部、理学療法、作業療法など男女を問わず人気があります。


これらの大学に共通していることは、個別の2次試験では小論文と面接があり、点数化されているということ。しかも、センター試験と2次試験の比率がセンター重視です。

だから、センター試験が終わるまでは、センター試験中心の勉強であることは、しょうがないことだといえます。 Aさんも、そんな受験生の一人でした。


しかし、残念ながらがんばってきた
センター試験で失敗し、目標点よりも40点も低い点数でした。

大手予備校のセンターリサーチの判定は、B判定よりも15点低い位置。
おもいっきりC判定以下です。

はっきり言って逆転は難しい状況です。


彼女は、夏のオープンキャンパスに参加して、
茨城県立医療大学の保健医療学部理学療法学科が好きになり、
どうしてもこの大学に行きたいと強く願うようになりました。

しかし、センター試験で失敗したため、高校の担任の先生や両親からも志望大学の変更を余儀なくされたのです。


どうしてもあきらめたくなかった。


茨城県立医療大学で、理学療法の勉強をして、理学療法士になりたいという強い気持ちがあったのです。

「絶対に志望大学を変えたくない!」そんな気持ちで、Aさんは担任の先生と両親を説得して、茨城県立医療大学を受けることにしました。 私立大学も受験し、茨城県立医療大学が無理ならば、私立に行くことを約束してです。

センター試験後、私との小論文のやりとりが始まりました。
最初は「志望理由」という軽いテーマから始まりました。

これまで文章を書いたことのない彼女の答案は、はっきり言って合格答案からほど遠いものでした。

自分の情熱を、どう文章にしたらいいのかわからなかったのです。
それを順序立てて、わかりやすく書く方法がわからなかったのです。

センター後に小論文試験対策を開始したため、私立の入試と重なり2月上旬までは非常に過酷な日程だったようです。

彼女の文章が変わってきたのは、5回目以降の添削が終わったころです。

小論文で一番大切なことは、構成と展開です。
構成ができていない小論文の答案は、読みにくいものとなります。
また、展開が弱い小論文の答案は、説得力に欠けます。


よく小論文を書き慣れていない受験生は、時間が足りずに満足した答案がかけず、時間終了となるケースが多々あります。

  これでは、絶対に合格できません。

Aさんは、私の厳しいリクエストにがんばって耐え、2日1本のペースで答案を仕上げて来ました。

その結果、彼女の答案の実力はみるみる上がり、10回目が終わるころには、合格するのに十分な答案レベルになったのです。
私は、「行ける!合格できるかも!」と感じました。


Aさんは、無事茨城県立医療大学の前期試験に合格できました。
センターリサーチでは、思いっきりC判定以下でした。

しかし、結果は合格です。
センター試験の失敗を逆転できました。



彼女からメールで合格の知らせを聞いたとき、私は本当にこの仕事をしていて良かったと感じました。

 教えた生徒が合格する瞬間は、予備校講師をして、これ以上うれしいことはありません。特にセンター試験で失敗して、逆転合格した生徒であればなおさらです。

彼女の合格の裏には、センター試験のリサーチ結果に安心し、小論文試験の対策をしなかった受験生が数十人いると思います。

そのような受験生もしっかりとした小論文指導を受ければ、彼女に逆転されることはなかったでしょう。

小論文という試験科目は、あまり適切な指導を受けたことがない受験生が多いため、センターで有利になっても、2次試験で逆転されてしまうのです。

しかし、それは受験である以上、しょうがありません。
その受験生の人生もある意味、変わってしまったのかもしれません。

Aさんの例でいえば、約60点以上逆転したことになります。
しかも、センター試験450点、小論文100点、面接100点という配点です。

たしかにAさんは、茨城県立医療大学に行きたいという強い希望があったため、面接の点数は低くはなかったと思います。

しかし、面接で40点も50点も他の受験生と差がつくとは思えません。

だから、小論文で逆転できたと言えます。

もし、彼女が私の小論文添削を受けなかったら100%合格はしていないと思います。

これは断言できます。

だから、ある意味、私はAさんの人生を変えたとも言えます。

特に理学療法士という仕事は、国家資格ですから、一度取得すれば一生その資格を活かせます。看護師や作業療法士、教員なども同様です。

私は毎年受験生とかかわれることを誇りに思っています。

そして、合格発表の日に彼らの人生を良い方向に変えたという満足感・達成感で満たされます。

しかし、受験生本人はもっと感動し、一生忘れないことでしょう。

たった1,2ヶ月の付き合いですが、適切な小論文指導を受けただけで、第1志望の大学に合格できるのです。

今まで文章を書くのが苦手だった、という受験生は心配はいりません。

みんなそうですから。

私は毎年2月から3月末にかけて、国公立大学の後期の発表があるまで、
かかわった生徒の合格だけを24時間考えています。

だから心配は不要です。
あなたが合格レベルの答案になるまで、完全にサポートします。

逆に「文章を書くのが好き!」という受験生のほうが、合格答案になるまでに時間がかかります。好きなことを、だらだらと書いてしまうからです。

小論文の答案に大切なものを、再度確認します。
それは、「構成」と「展開」です。

それらは、教材「小論文の基本講義」で説明しますので、是非聞いてマスターしてくださいね。


もし、小論文試験の対策で不安やお困りな点があれば、
お気軽にお電話ください。
私、五十嵐が直接お電話でお答えします。

お問い合わせ先 フリーダイヤル 0120−595537 
スカイ予備校 小論文担当 五十嵐



追伸: 小論文添削は時間がかかります。
プレミアムコースは、【先着限定 102名のみ】
です。 私は、2月下旬までは、その10名の受験生の合格のために24時間を使っていく予定です。

<答案添削の流れ>


1)お申し込み後、銀行振り込みにてご入金確認後、映像教材「小論文の基本講義」をメール送付します。パソコンやスマホなどで見てください。

この「小論文の基本講義」では、小論文を書く際に必要な事項が網羅されています。
かならず、小論文答案を書く前に受講してください。。

2)最初のテーマに沿った内容の小論文答案を完成させてください。「小論文の基本講義」を参考にしてかけば、ある程度の形になります。原稿用紙はご用意ください。

その答案をスカイ予備校までFAXまたはスキャンしてメール添付してください。linenでの送付も可能です。

3)その後、3日以内に担当の五十嵐が添削をして、返却します。返却する方法は、通常の小論文添削とはちょっと違います。

それは、私の音声で答案を添削したものを返却します。登録されたメールアドレスに音声解説の入ったURLを掲載して返信します。家のパソコンなどで聞いてください。

【通常の小論文添削サービスとの違い】
受験生と先生との距離が近いことです。スカイ予備校では、受験生の質問はメール、電話など回数無制限で対応します。

他のサービスでは指導する先生が、あなたが書いた答案に「赤ペン」でアドバイスをくれます。しかし、紙面でのアドバイスには文字数の限界があります。またよく伝わらずわかりにくいアドバイスもあります。

一方、、スカイ予備校のサービスは音声であるため、時間にして5−15分。多い時は30分の音声解説を、あなたのためだけに実施します。

何度も聞くことで、自分の答案がみるみる合格答案に近づいていきます。

私の音声アドバイスが短くなればなるほど、答案の完成度があがり、合格に近づくと思ってください。

もし群馬県まで来れるのであれば、ぜひ私に会いに来てください。直接アドバイスや激励をします。


添削の見本解説音声コチラ
(右クリックして、パソコン内に保存してから聞いてください。mp3形式です。Windows Media Playerで聞けます。)10分程度あるのでダウンロードに時間がかかります。

この見本音声解説は、数年前に合格した奥田くんとのやりとりです。彼は弘前大学保健学科の理学療法を後期受験する予定でした。

幸いにも前期試験で第1志望の大学に合格しました。
彼も最初の1回目の提出には、手こずったようです。しかし、小論文の基本講座をしっかりとマスターしたため、比較的早い段階で、小論文のパターンが身についたようです。

このように、この添削では、一人ひとりの答案にあった音声解説を毎回、実施していきます。


お申し込みはこちらから


<小論文コースと添削料金>

合格答案保証します!
当予備校の小論文添削を10回以上を受けた場合、合格答案になるまで何度でも添削します。
10回以上のお申し込みをした場合、その後の添削費用は一切かかりません。
提出した答案は、すべて3日以内に添削して返却します。
<注>一度納入されました費用は、添削を一度も受けなくても返金できませんので、ご了承ください。


●お試しコース 1回 →21、600円
人数制限なし・締め切り期限なし
「小論文の基本講義(映像)」と添削1回(テーマは志望理由)
お試しコースでは、再提出はできません。

●ベーシックコース 3回(再提出を含め最大6回)→5万4000円 人数制限なし・締め切り期限なし

「小論文の基本講義(映像)」と添削3回
(1回目志望理由、2回目、3回目は学部別のテーマを指定します。)
書くテーマにつき再提出が1回ずつできます。

●プレミアムコース 先着10あと2名のみ
費用 10万8000円

添削期限は平成30年2月25日

までとなります。

ただし、後期試験に小論文がある人は申し出てください。後期試験終了までサポートさせていただきます。申し込みの際に申し出てください。

「小論文の基本講義(映像)」と添削無制限20回以上の添削も可

最低10回以上の添削を行う予定です。
私立大学、国公立大学の前期(または後期)に小論文がある方は、すべてこのプレミアムコースですみます。追加の料金は発生しません。

<プレミアムコース指導の流れ 目安>
1−5回: 小論文基本添削
6−10回: 志望大学別過去問題添削
11回目以降: 他大学の過去問題をベースに個別の問題添削
  プレミアムコースでは、受験生一人ひとりの実力や希望に添った個別のコースを設定します。答案の内容によっては、同じテーマで何回も答案を書いてもらう場合もあります。

<特典>プレミアムコースの受講生には、担当講師の五十嵐の携帯電話番号をお知らせします。受験の悩みや小論文に関する質問など、無制限にお答えします。

私立大学との併願の小論文対策も行います。

<注意>
●プレミアムコースへの変更は、定員に空きがあれば変更できます。しかし、定員がいっぱいの場合は変更できません。

●プレミアムコースへの変更の場合は、別途10万8000円が追加で必要です。最初から本格的な指導を、ご検討している場合は、プレミアムコースのお申し込 みをおすすめします。あとから変更すると、費用が余計にかかります。差額を納付されても該当しません。
小論文添削には時間がかかるため、指導人数に制限を加えています。


お申し込みはこちらから




★添削費用10万8000円は決して安い金額ではありません。
しかし、10万8000円で国公立大学に合格できれば、高いですか?

4年間の学費の合計を考えたらどうでしょうか?
しかも自宅から通える大学であればなおさらです。
ご検討ください。



<講師紹介>

担当 五十嵐弘



スカイ予備校 塾長 公立大学工学部卒業
小論文添削指導歴 20年
これまでに指導した生徒はのべ500名超


<合格実績>
東京学芸大学、茨城県立医療大学(理学療法、放射線)、群馬大学(教育・看護)、新潟大学(法)、埼玉県立大学(看護、理学療法、社会福祉子ども)、高崎経済大学(地域政策)、都留文科大学、北海道教育大学、大阪教育大学、青森県立保健大学、大分大学(看護)、宇都宮大学(国際学部)、群馬県民健康科学大学(推薦)、新見公立大学
ほか医療系教育系多数。

お問い合わせ先:0120−595−537 お気軽にお電話ください。


 


e予備校SKY(スカイ)
e予備校SKY
お問い合わせ先 メール info@sky-yobiko.com